2006/09/20

ビッグブルー

Bluewhale

何気なくチャンネルを回してたら(今時チャンネルは回さないか?)NHKでシロナガスクジラの番組をやっていた。NHKスペシャル『ビッグブルー シロナガスクジラの謎を追う』と言う番組。最近、Panasonicの「VIERA(ビエラ)」のCFでもシロナガスクジラが出てるけど、本物は凄いね。感動モノ。あんな大きな生き物を目の当たりにしたら、鳥肌立っちゃうだろうなって思っちゃいますね。全長25m以上もあるシロナガスクジラが体長5cm位のオキアミが主食だなんて、何だか滑稽な感じもするけど、周囲が10mもある口を開けてオキアミを食べる姿は圧巻です。お腹が蛇腹になっていて、一気に飲み込んだ海水でお腹が膨れ上がります。シロナガスクジラのお腹の線は、この蛇腹の線なのでした。何と1度に飲み込む海水は8tもあるそうです。ホエールウォッチングに行ってみたいなぁ。。。

■NHKスペシャル『ビッグブルー シロナガスクジラの謎を追う』

| | コメント (0)

2006/05/29

92年 モナコGP

Monaco テレビでF1モナコグランプリをやっていた。
F1でもモナコは特別なグランプリ。このGPで3勝以挙げたドライバーをモナコマイスターと呼びます。グラハム・ヒル、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、そして現役ではミハエル・シューマッハだけです。僕らの世代のモナコマイスターはもちろんアイルトン・セナ。モナコGPで一番印象に残っているレースが92年のマンセルvsセナの攻防。マンセルが先に書いてあるのは、僕がマンセルファンだったからです。(^^ゞ

この年のマンセルは開幕5連勝で、もう誰にも止められないんじゃないかと言うくらい絶好調。ポールポジションから飛び出したマンセルは1位をキープ。開幕6連勝も確実と思われた残り10週位の時にスローパンクチャ-で緊急ピットイン、その間にセナに抜かされたマンセルは凄い勢いでセナを追撃。タイヤがボロボロのセナに対してニュータイヤのマンセルは見る見る追いついてテールトゥノーズに、でもモナコは市街地サーキット、抜かせる所が少ないし、相手はセナだから抜かさせない。フジTVの三宅アナウンサーが「抜くに抜けない、そうここはモナコ、モンテカルロサーキット!」(僕の記憶だから本当はちょっと違うかも)と言う名台詞を残したのです。結局セナが優勝し、マンセルは2位でした。レース後地面にへたり込むマンセルにセナが歩み寄ってお互いの健闘を称えあったのが印象的でした。モナコGPが開催される度に思い出すレースです。

余談ですが、デューク更家はモナコGPのトンネルの上に建っているマンションに住んでいるらしい。F1GPを家のベランダから見るなんて、何ともセレブな話だね。

■モナコGPの映像

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/22

エアーボーカル

060221-gakkou

最近はエアーギターが流行っているよね。でも今日の『学校へ行こう!MAX』ではエアーボーカルと言うのをやっていた。これがメチャ面白いんです。中国の二人組みだそうでネットで調べたらtetsu3ismさんのblogに詳しい事が書かれてました。
『Back Dormitory Boys』と言うグループで中国では有名だそうな。


060221-gakkou03 で、問題のビデオはこちら




060221-gakkou02 その他のビデオ



関西じゃ30年ほど前に読売テレビの「テレビテレビ」という番組で「パクパクコンテスト」と言うのをやってたなぁ。当時流行りだった西城秀樹とかの振り付けを口パクでいかに本物らしく演じるかって言うコンテスト。川崎麻世はこの番組の常連だったよな。懐かしい話だ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/02/07

スーパーボール

060207-nfl

昨日、第40回スーパーボールをやっていた。
アメリカンフットボールと言えば、僕が高校生の頃(今から約30年前)は、週1回夜中に30分程のダイジェストの放送があるくらいだった。高3の頃に初めてNFLの公式戦が後楽園球場(東京ドームじゃないよ)で行われたんじゃないかな。その頃はインターネットも無いから、最初はTVを見ているだけではルールがイマイチ分からなかったのです。でもポパイ少年だった僕は、アメリカの雰囲気がするこのスポーツが好きでした。昨日のスーパーボールの解説をしていた後藤完夫さんは、僕が高校の頃からNFLの解説をしてたなぁ。。。
って事はいくつだぁ?

昔のPOPEYEに、スーパーボールがアメリカ人にとってどれほど凄いイベントかと言うエピソードが載ってました。それは、警察が指名手配をされている犯人にスーパーボールのチケットが当ったと手紙を出した所、何人かがチケットを貰いに現れたそうです。

最近のアメリカンフットボールの試合を見ていると、カメラアングルが凄いよね。試合中のフィールドの上から、リモコンカメラを使ってクォーターバックの動きを追う映像。鳥瞰図とでも言うのか、競技場に行ってもこんなアングルでは絶対に見る事出来ないからね。クォーターバックの後方の頭上にはボールが来ないと言うアメリカンフットボールだから出来るんだろうけど、野球やサッカーでもこんなアングルから試合が見れたら楽しいだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

白夜行を読んで

060202-byakuyako 『白夜行』を読み終えた。
テレビドラマを見てたので、桐原亮司と唐沢雪穂の関係が分かってしまっていて、19年前の殺人事件や、二人の関係の謎解きという面白さは無かったのが残念だ。原作では二人の事を第3者の目を通して話が進むので、テレビのような二人の心の葛藤が描かれてない。そこが物足りなかったと言うのが正直な感想です。何故そこまで犯罪を繰り返すのかと言う部分が描かれていたらもっと感動したかも。テレビを見ていなかったら、何故?ってところで終わってしまってるのかも。ひょっとしたら二人の心の葛藤を描いたテレビの方が面白いかもしれません。これからの話の展開に期待だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

白夜行

060129-byakuyako 去年の暮れ、本屋さんに東野圭吾の『白夜行』が平積みされていた。あらすじを読んで面白そうだなって思ったけど、850Pという分厚さに躊躇してしまった。(^^ゞ

今年に入ってからテレビで『白夜行』のドラマが始まった。1回目を見逃したけど、知り合いが凄く面白かったって言っていた。1回目を見逃したので本で読もうと思って本屋さんに行ったら本が無い。。。 年末あれほど平積みしてあったのに、売り切れたのかなぁ。

そうこうしているうちに2回目、3回目が放映されたので見たらこれがなかなか面白い。武田鉄矢の大阪弁が少し気になるけど、良い味出している。原作があるドラマの場合、大抵は原作の方が面白いよなって思って、ますます原作が読みたくなった。多分1回目の放送を見てそう言う人がいっぱい居たので売り切れてたんだと思うけど。

一昨日やっと本屋さんで見つけて買ってきた。本はあんまり読む方じゃないし、読むスピードも遅いので、この分厚い本をいつ読み終えるんだと思ったけど、どんどんどんどん読みたくなってくる、やっぱり面白い。でも最初にドラマ見てるので、どうしても人物がダブってきてしまう、特に笹垣(武田鉄矢)が。。。

それと原作では最初に犯人を明かしてない。桐原亮司と唐沢雪穂の話が色々と伏線を含みながら平行して進んでいく、ドラマを見ていなかったら最後に「あっ!」っと思うんだろうけど、ドラマで二人の関係がわかってるので、ちょっと面白さ半減って感じ。でも明らかに原作の方が面白いな。頑張って読み終えよう。

作者の東野圭吾は僕と同年代、この話も同じような時代背景なので、映画の話とかインベーダーゲームとか、NECの98とか懐かしい言葉が出てきてこれも面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

時効警察

060120-jikou 先週から始まった『時効警察』がなかなか面白い。オダギリジョー(霧山修一郎役)と麻生久美子(三日月しずか役)がなんともいい感じ。1話目はちょっと笑いに無理がある場面もあったけど、2話目は大分こなれてきた感じです。時効になった事件を趣味で調べると言う設定にちょっと無理はあるような気もするけど、そんな事はまぁどうでもいい事で、オダギリジョーのヒョウヒョウとした演技も好きだけど、何と言っても麻生久美子が可愛いのだ。これからが楽しみなドラマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

野ブタ。をプロデュース

051203-nobuta 少し前に修二と彰の「青春アミーゴ」の記事を書いたら、ビックリする位のアクセスがありました。凄いねさすがジャニーズって感じだね。「青春アミーゴ」は久しぶりのミリオンセラーになったとか。ちょい懐かしい歌謡曲って感じが良いよね。
10月から始まったドラマで毎週欠かさず見てるのは『野ブタ。をプロデュース』と『ブラザービート』だけかな。『野ブタ。をプロデュース』で気になってたのがエンドロールの時の"山下智久(特別出演)"って書いてあるところ。毎回出てるのに何で特別出演なんだろう?って思ってたんだけど、これは山下君より後輩の亀梨君が主役で、エンドロールの最初に亀梨君で2番目が山下君になるって事への配慮みたいです。色々あるのね力関係が、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

電車男

7月から始まったドラマで、毎回欠かさず見てるのが『電車男』
オタクの山田役の伊藤淳史のちょっとクサイ演技はさておいて、エルメス役の伊東美咲がチョー可愛い!
電車男の書き込みがネットを通して日本中に広がってく、分かりやすくてバカバカしい表現とか、いくらオタクでもそんな奴おらんやろってくらいオーバーな脇役もまた良い。(^^)v
毎回感動しながら見てます。← 僕もオタクやから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)