« おニューのカラー | トップページ | 晴天 »

2006/01/29

白夜行

060129-byakuyako 去年の暮れ、本屋さんに東野圭吾の『白夜行』が平積みされていた。あらすじを読んで面白そうだなって思ったけど、850Pという分厚さに躊躇してしまった。(^^ゞ

今年に入ってからテレビで『白夜行』のドラマが始まった。1回目を見逃したけど、知り合いが凄く面白かったって言っていた。1回目を見逃したので本で読もうと思って本屋さんに行ったら本が無い。。。 年末あれほど平積みしてあったのに、売り切れたのかなぁ。

そうこうしているうちに2回目、3回目が放映されたので見たらこれがなかなか面白い。武田鉄矢の大阪弁が少し気になるけど、良い味出している。原作があるドラマの場合、大抵は原作の方が面白いよなって思って、ますます原作が読みたくなった。多分1回目の放送を見てそう言う人がいっぱい居たので売り切れてたんだと思うけど。

一昨日やっと本屋さんで見つけて買ってきた。本はあんまり読む方じゃないし、読むスピードも遅いので、この分厚い本をいつ読み終えるんだと思ったけど、どんどんどんどん読みたくなってくる、やっぱり面白い。でも最初にドラマ見てるので、どうしても人物がダブってきてしまう、特に笹垣(武田鉄矢)が。。。

それと原作では最初に犯人を明かしてない。桐原亮司と唐沢雪穂の話が色々と伏線を含みながら平行して進んでいく、ドラマを見ていなかったら最後に「あっ!」っと思うんだろうけど、ドラマで二人の関係がわかってるので、ちょっと面白さ半減って感じ。でも明らかに原作の方が面白いな。頑張って読み終えよう。

作者の東野圭吾は僕と同年代、この話も同じような時代背景なので、映画の話とかインベーダーゲームとか、NECの98とか懐かしい言葉が出てきてこれも面白いです。

|

« おニューのカラー | トップページ | 晴天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111062/8391910

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« おニューのカラー | トップページ | 晴天 »