« ライフカード フレッシュマン来る篇 | トップページ | 平安神宮 »

2006/02/08

サラリーマン川柳

060207-senryu

「第19回第一生命サラリーマン川柳コンクール」のノミネート作品100点が発表されました。世相を風刺した面白い作品が多く、読んでるだけで噴出したり、「そうそう」と思ったりします。
僕が気に入った作品は
「散髪代 俺は千円 犬 一万」
「かけ込んで 視線が痛い 専用車」
「年金は いらない人が 制度決め」
「金色の 皿はまずいと 子に教え」
「エリートの つもりで入社が デリートに」
「パパになり 思わず部下に 『いいでちゅよー』」
「マイブログ 立ち上げたけど 話題なし」

|

« ライフカード フレッシュマン来る篇 | トップページ | 平安神宮 »

コメント

「マイブログ 立ち上げたけど 話題なし」・・・
私のやってるgooブログでも、毎日1000件ペースで増えてますが、大半は更新がままならず休止されてるものと思われます。
私もブログを始めて半年、
「マイブログ 見るもの聞くもの ブログねた」
に、陥ってるようで、デジカメを持ち歩いてますよ。

投稿: 路渡カッパ | 2006/02/09 19:06

路渡カッパ さん、こんばんわ。
実は僕は3つほどblogを持っているのですが、頻繁に更新しているのはこのblogだけです。ここの記事も、殆どはラウールのホームページ用に書いたのを流用しています。1つは去年の8月以来更新してません。(^^ゞ

投稿: ラウぱぱ | 2006/02/11 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111062/8558647

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマン川柳:

» サラリーマン川柳 [七五白書 (しらけないために)]
〈サラリーマンは 気楽な稼業と きたもんだー〉と、植木等が歌って大ヒットさせたのは四十数年も前のことです。当時は今と違って、気楽な面があったのは確かで、いい時代でした。もっとも、今でも防衛施設庁のお役人のように、天下り先をちゃっかり用意している気楽な稼業の人も居ることはいるのですが。  サラリーマンという言葉は和製語で、言葉の響きには「給料をもらって生活している人」という意味のほか、そこはかとなく... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 19:08

« ライフカード フレッシュマン来る篇 | トップページ | 平安神宮 »